記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[1]SONY MDR-CD900ST 低域割れ・ビリ音修理

実際の修理の工程はこちらの記事です
本記事は理由の説明や曲製作およびなぜかギターサウンドの豆知識に終始しているため、ラウドコア好きや勉強熱心なDTMer以外は特に読む必要はございません(笑)




以前から愛用しているヘッドホン、SONY MDR-900STだったもの

IMG_20180217_154734.jpg

IMG_20180217_153825.jpg


折り畳み改造、アンブレラ・カンパニー提唱の全MOD済み(ぷすっと、ドライバー回転、かまぼこ、ケーブル、完全対称など)

オリジナルの900STもかなりフラット志向ではありますが、改造品はさらにフラットに(ハイからローエンドまで素直に伸びる)、音の解像度も格段に上がり、これまで聞こえていなかった音が聞こえます。左右の定位も1ずらすだけで変化が感じ取れ、空間の縦横・奥行まですべてが目の前に広がるんです。
900STオリジナルを使っている友人のベーシストにこれを聞かせたところ、「ベースラインがめっちゃわかりやすい‼なんじゃこれ‼」
と言って、その場で改造を行う運びとなりました。

リスニング用途として用いても、スタジオのラージモニターがそのままなっているような、アーティスト側が意図した音な感じがします。私はアーティストが望んだ音を聞きたいので、これは非常に素晴らしいと感じます。

パズルのように組み合わされた全要素が、いっぺんの狂いもなく目の前に展開される。

「こうあってほしい」という希望をすべて備えた、最強ヘッドホンである、と全幅の信頼を置いています。
この場を借りて、SONYおよびこのMODを開拓したUmbrella-Company様に感謝を。大変お世話になっております。マジで。


IMG_20180217_154211.jpg


ちなみに7506も持っていますが、900STを製作のメインとして使い、7506は外でPAをオペレートする際などに、と分けています。
ガチミキシング・マスタリングでは、WAVES NXで7506用のヘッドホンEQ補正をかけて、二種類のモニターでチェックする、なんてこともやりますが。

900STの銀色の縁取りだけで、なんかカッコよく見える…見えない…?



そんな900ST先生ですが、数日前に異常が発生。

Djentを聞いていたら左ドライバから「ビリビリ・ザザザ」と音がする…というもの。

ビビイゥォォォォン…みたいな感じで(?)、音が割れるのです。

最初はケーブルの断線なんかを疑ったのですが、しばらくほかの曲を聞くと問題なし、それどころか同じ曲の別のセクションを聞く分には異状がおこらない。でもその曲のサビに入った瞬間…「ビビビビィ‐ン」と割れる。
同じ環境・設定のまま7506やモニタースピーカー・イヤホンなどで聞くとなんの問題もない…
どうも900STがお亡くなりになってしまったようだ。。。
さて困った。

……

…しかし‼私はDjentも作りたいDTMer。私は知っている…Djentのサビの瞬間にだけ存在し、ほかのセクションには存在しない”‼


すなわち‼

Sub Bass Drop!!


↓音量が大きいとキツイので注意。PCのスピーカーとかだと再生しきれないかもしれません。



これは、シンセサイザー等で「人間にはほとんど聞き取れない」低い周波数帯の音を発生させたもので、音というよりも”圧”、として知覚される音です。これを楽曲の中で鳴らすことで、その瞬間、強烈な”圧”を聴覚させることができるので、EDM界隈や、METALCORE・Djent系のスーパーラウドな楽曲で使用されることがあります。

で、なぜこれが「音割れ」の原因なのかというと。

音というのは、音程が低いほどスピーカー・振動板の振幅が大きくなるんです。


私はギターアンプのキャビのグリルを外して、コーンをむき出しにして試したことがあるのでわかりますが、
ギターソロの「ギュイーキャララララララ~♪(笑)」よりも、ブリッジミュートの「ズンズンズン♪(爆笑)」のほうがスピーカーを大きく振動させます。

で、ギターアンプの場合は「スピーカーのコーン紙」が振動しますが、ヘッドホンの場合は「ドライバーユニットの振動板」が振動して音をだします。よって、

超低域がなった瞬間に左ユニットだけがビビり、それ以外の状態の左や右ユニットには異常が見られない


ということから

左ユニットの振動板がイカれた

という、簡単な論理的帰結にたどり着きました。

ギターアンプのスピーカのビビり(過大入力による)は、一種のディストーションみたいな効果を生みまして、「スピーカーディストーション」としてサウンドメイキングの一要素にもなっています。(VAN HALENらを始祖とするHR/HM勢はこの効果を積極的に利用した音作りを好む、具体的には音にジャリっとした質感が加わる)

でも、歪感を好むはロック系の特徴とはいえ、さすがに何より大事なモニター環境が歪ませてしまったらどうにもなりません。

結局、サインスイープで確認したところ、キックの芯である60Hzの時点でわずかにビビりが出ていることがわかりました。
また左チャンネルの音がビビるだけでなく、センター定位の音にも悪影響を及ぼしているようです。(右と左、両ドライバーから同じ音をおなじ音量で出すことで音像を真ん中に立ち上げているため。)

完全にモニターとしてアウトな状況。なんとかせねば。


普通ならここで(てかもっと前の時点で)修理に出そうとか考えるものですが、私は自分で900ST-MODを施工する段階で、こいつを
バラバラに分解しています。というか、スライダー折り畳み改造を施しているので通常よりもさらにバラバラにしています(笑)

で、ヘッドホンなんぞ明白な役割を持ったいくつかのパーツの集合体でしかない
という考えを持っておりました。
この異常音にダイレクトにかかわる部分はドライバーユニットのみ。
ドライバーユニットだけなんて、サウンドハウスで2030円で売っている(爆笑)

というわけで、セルフでなおしま~す

…しかも無料で。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Matsuda

Author:Matsuda
リアルでもバンドを組む未成年DTMer。メインパートはギター・ベース・ドラム・キー・ピアノ・バイオリン。

メインはぎたー。
60~70sブルース・ロック、jazzからHR/HM、ビジュアル系にプログレメタルまで何でも
聞きます。弾きます。作りたい。

そんな感じのブログです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。