FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「楽器屋」の存在意義、もう無い?

結論:楽器だけでなく、音楽シーン全体の情報を得られる場所であるべきなのでは?
    情報量では、もはやネットに勝てない。だからこそリアルでしか出来ぬ事を強みにしない楽器店はもはや不要。
    (続かないとはいっていない)



地元・福井の、「松木屋」という楽器屋に行きました。
音楽が盛んな土地柄とは言えません。ライブハウスも100人以下キャパが数軒程度しかない土地です。

ですが、おそらく県下のギター関連の店の中では1.2を争う有名度だと思います。

Gibson、Fender、Schecterなんかのショップオーダーモデルなんかもいくつか置かれています。

私は楽器店に入ると、まずアンプのコーナーに向かいます。概してギターよりも安価、かつ品ぞろえで店の方向性がすぐわかるからです。
その店のコーナーはギターと管楽器類に挟まれ、店の真ん中あたりにあります。Vox AC30、Fender Twin銀パネ、Orange RockVerb等大型も数種類ありますが、ほとんどは10W以下の小型アンプ類でした。

この時点で私は「(察し)」となっていましたが、唯一興味をそそられたのが、8x年代製のMarshall 1959ヘッドです。
シーソースイッチ・ポラリティあり、100Vシール、シリアルを見ても80年代製なのは間違いなさそう。
中古品で傷あり・クロスも割れがありつつも、G12-65系か?の1960Aとセットで10万前半。

自分のTokaiギターで試奏をお願いすると、いそいそとケーブル類をもってきてくれ、足元にある埋め込み電源から電源をとり、どうぞ、と。


「店のど真ん中でMarshall 100Wを弾く」ということがどういうことか、お判りでしょうか。
この種のアンプにマスターボリュームなんぞありませんから、ボリュームを少し回すだけで即、爆音です。
楽器店員ならそれくらいわかっていて当然、了承の上かと思って普通にメモリ「6」くらいまで上げました。100Wを歪ませるにはそれくらい必要ですからね。

すると、ええ、飛んできましたよ(笑)
「それは、ちょっと・・・www」と。
アッテネーターくらい用意してないのかと聞くと、ないです、との事。



無事、個別の部屋に隔離され、やっと普通に音が出せるようになりました。
モノ自体は別に良好で、100Wのパ~ンという高音とヒィーンという倍音感、20分ほど経つとハーモニクスの伸びもよくなり、外れ個体にありがちな低音のブーミーさも感じませんでした。

まぁ。今使ってるPtPの自作JMP50Wの方が好みの歪み方、タッチへの追従をするので、購入は見送るつもりです。



H&K、REVV、Diezelといったハードコアなもの、Amp One、Kemper、Helix、といった新しいもの、Tom AndersonやShur、Ibanezといったメーカーのものは一本もなく、一つも見つからず。売り物でないキャビに値札を付けたまま。
なのに店内には80万やら90万のGibson CS、Fender MasterBuilt、PRS Private Stockが並んでいます。

エフェクターもBOSSのシリーズと、何系かも書かれてないものがちょいとある程度。

中学生、高校生のころは何とも思いませんでしたが、県外・海外でと楽器屋を見てきてわかりました。
ギターをブランドでしか買わない人たち御用達の店なんだな、と…。



まあ、趣味でギターを弾くだけ・あこがれを手にして満足感を得たいなら無論それで構いませんし、そもそもギターショップではないのでしょうが、楽器店側がそんな姿勢でいいものでしょうか?
楽器だけでなく、自己表現として、音楽の情報を得られる場所であるべきなのでは?
そうでなければ楽器店としての存在意義はもはや無く…コレクターズショップ?骨董品屋?



福井はもともと、勉学に一辺倒な重点が置かれている地域です。昔は疑問にも思いませんでしたが、都会の空気というのは間違いなく存在するようです。オリンピック選手を一人も輩出していないというのも伊達ではありません。
小中学生の学力テストで毎年トップ層に君臨してるのがそんなにも嬉しいことなのかわかりませんが、現状その程度しか自慢できることがないというのも事実。


音楽シーンは極めて下火・小規模で、ある程度評価を得たバンドはすぐに県外へと消えていきます。
それも、また当然ですね。

内向的で、小規模。
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Matsuda

Author:Matsuda
リアルでもバンドを組む未成年DTMer。メインパートはギター・ベース・ドラム・キー・ピアノ・バイオリン。

メインはぎたー。
60~70sブルース・ロック、jazzからHR/HM、ビジュアル系にプログレメタルまで何でも
聞きます。弾きます。作りたい。

そんな感じのブログです。

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。